G-TALK LOGO

トップページ | 製品紹介 | 操作説明 | 主な仕様 | お問い合わせ

G-TALK - 2.4GHz DIGITAL TRANSCEIVER
製品のご紹介

同時通話が必要ですか?

同時通話の活躍シーンはいろいろ。使い方ひとつで業務用からレジャーまで、幅広くご使用になれます。

例えば

 ・工事現場やイベント会場などでの業務連絡

 ・アウトドアやゴルフ場でのグループ通話

 ・ツーリングやスキーなど

何気ないひとときに、仲間内でのちょっとしたおしゃべりなどが楽しめるのも同時通話の良いところ。

手っ取り早く同時通話が試したいのであれば、各メーカーより販売されている同時通話対応の特定小電力トランシーバーを用意すればそれで十分です。

 

2人だけで満足ですか?

しかし、お店でよく見かける同時通話対応のインカムやトランシーバーなどの無線機は、そのほとんどが1対1による2人だけの同時通話専用です。

それなら今どき携帯電話でも十分ですよね?

では、もう少し多人数で同時通話したい場合は?

そこで、携帯電話ではマネのできない複数での同時通話を可能にした複数同時(多人数同時)通話対応トランシーバーという便利なモノが世の中にはあるのです。

 

基地局が必要ですか?

従来から複数同時通話に対応したトランシーバーが他社メーカーより発売されておりますが、それらは子機と呼ばれる携帯型のトランシーバー端末以外に子機数台分にも匹敵する高価な基地局無線機が必要になり、携帯電話の様に簡単には手が出せません。しかも、基地局の設置には専門の知識が必要となり、無線機だけ用意すればすぐに使えると言うわけにもいきません。

 

新開発の通信方式

そこで、当社は複数同時通話なのに基地局を必要としない画期的な通信方式を開発いたしました。

G-TALK にできること。

免許不要の小電力無線システム

独自開発による2.4GHz帯の小電力無線モジュールを使用しておりますので、面倒な免許申請が不要です。しかも、デジタル方式によりノイズの少ないクリアな音質を実現しました。

 

最大5人まで同時通話

新開発の通信方式により、複数同時通話なのに基地局が必要ありません。

さらに、従来のプレストークモードへもボタンひとつで切り替えることができ、G-TALK対応のPTT付きヘッドセットを使用すれば、必要な会話だけを相手に伝えることができます。

 

連続通話時間は約10時間

市販のアルカリ単四乾電池2本で約10時間の連続通話が可能です。もちろん、充電タイプの電池も使用できます。

 

通話距離は約100m

連続10mWのハイパワー出力により、比較的電波の到達距離が短いとされる2.4GHz帯でも通話距離約100mを実現しました。(※屋外での見通し距離において)

 

軽量コンパクトサイズ

本体サイズは一般的なタバコのサイズよりもひとまわり小さく、ポケットに入れても邪魔にならない程の大きさ。さらにベルトクリップとストラップも付属し、お好みに合わせてご使用いただけます。

また、本体はJIS防水4級(防まつ形)相当の防雨構造となっており、多少の雨ならば気にすることなくそのまま使用できます。(※完全防水ではありません)

 

レシーバーモードを搭載

受信専用のレシーバーモードを標準で搭載。

同時に通話できるのは最大5人までですが、レシーバーモードなら何人でもグループに登録することができます。

使い方をもっと詳しく

ページトップへ戻る


トップページ | サイトマップ | 免責事項 | お問い合わせ

©2011 G-TALK.com All Rights Reserved.